予防歯科,虫歯,歯周病,入れ歯,インプラント,ホワイトニング,矯正歯科,小児歯科,いびき,口臭,etc...愛媛県西条市の "清水歯科"

All-on-4 【オール・オン・フォー】

忘れていませんか?食べる喜び、笑う喜び

©2007 Nobel Biocare

硬い物が噛めない。食べ物がおいしく感じられない。きちんと発音ができない。口臭が気になる。人と話をするのが億劫になった−。合わない入れ歯を使用していると、食事を楽しめなくなるだけでなく、“クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)”に大きな影響を及ぼします。

デンタルインプラントは、天然の歯とほとんど変わらない機能と外観を回復できる治療法。自分の歯が再生したような快適な暮らしを実現します。最先端のインプラント治療法All−On−4で、自然な笑顔を取り戻しませんか?

インプラント治療とは?

歯は、目に見える部分の歯冠と、それを支えている歯根から成り立っています。歯を失うということは、歯冠だけでなく歯根も失うということです。

インプラント治療では、失われた歯根の代わりにチタン製のインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め込み、そこに人工の歯冠をしっかりと固定させます。チタンは生体組織内において異物とみなされず、違和感なく骨と結合するという特性を利用した治療法です。インプラント治療は、歯を1本失った場合から全部失った場合まで、あらゆるケースに対応できます。

あごの骨にしっかりと固定するインプラント治療は、ずれたりぐらついたりすることがなく、違和感、異物感に悩まされることもありません。天然の歯と変わらない感覚で噛める、自然で美しい歯を手に入れることができるのです。

ノーベルバイオケアのインプラントシステム

1952年、スウェーデン人のベル・イングヴアール・ブローネマルク博士は、チタンが骨組織と親和し結合することを発見しました。その後、長期にわたる研究を経て、1965年より博士は歯科分野でのインプラント治療を開始。以来、何百万人もの患者さんがデンタルインプラントによって、歯の機能、審美性、そしてクオリティ・オブ・ライフの向上を享受しています。

現在ノーベルバイオケアのインプラントは、埋め込んだ時には独自の形態によって骨に強固に固定され、さらにタイユナイトと呼ばれる表面加工が骨の形成を促進するため、短期間に骨と結合します。骨の状態によっては、これまで常識とされていた長い治癒期間を待つことなく、埋め込んだその日にカをかけることも可能です。

ここでご紹介するAll−On−4も、ノーベルバイオケアが行ってきた数々の研究結果に基づき、患者様の負担を減らすために提供する信頼性の高いインプラント治療法のひとつです。

ノーベルバイオケアジャパン(株) All-on-4案内パンフレットより転載

© 2007 ノーベルバイオケアジャパン株式会社

ページの上部へ

- - - - - - - ★ ★ ★ - - - - - - -